プロ野球!高校野球!野球大好き!野球情報ブログ!

89 LOVE IT !!

高校野球

国体の高校野球ってどんなもの?野球通が出場条件などを解説します!

投稿日:

国体の高校野球とはどういったものでしょうか?

高校野球と言えば甲子園ですが、国体の野球はまた違うものなのか? 

また、国体への出場条件など色々とご紹介していきます。 

最後までご覧下さいね!

まずはここから!国体の高校野球の出場資格とは?  

国体の高校野球とは一体何なのでしょうか? 

国体の正式名称は「国民体育大会」です。

毎年日本の各都道府県で持ち回りで開催される国民体育大会ですが

通称国体に於ける高等学校野球大会を国体の高校野球と言います。 

時期的に秋季地区大会の最中に行われる事になる為

高校野球三大大会(明治神宮野球大会・選抜高等学校野球大会・全国高等学校野球選手権大会)を優先し

3年生のみで参加する高校も多いです。 

そんな国体への高校野球の出場条件を解説していきたいと思います。 

まず覚えておいて欲しいのは、全部の高校から出場できる訳ではありません。 

国体の硬式野球の出場条件は

各地方予選を開催して決められる物ではなく

出場12チームの区分けは、夏の甲子園大会でベスト8に勝ち進んだ8チームと

この8チーム以外のブロックから3チームが選出されます。 

そして最後の1校は地元開催の都道府県の枠になります。 

もし、地元開催都道府県の学校が夏の甲子園でベスト8に進出していた場合は

それ以外のブロックから進出するチームをもう1校増やし、合計12チームにします。 

その12チームがトーナメント方式で試合をして、優勝校が決定するという事です。 

簡単にいうと強い高校しか出場できない大会と言えますよね。  

知るとより面白い!国体の高校野球歴代優勝校一覧 

選ばれしチームが出場する事の出来る国体の高校野球ですが、実はあまり盛り上がってはいません。 

その要因として翌年の選抜高等学校野球大会に繋がる、秋季地区大会が開催されている時期と重なっていることが上げられます。 

また明治神宮野球大会も実施されていることから、なかなか国体にレギュラーで出場するのも難しいようです。 

やはり高校球児にとっては憧れは甲子園であり、国体では無いと言うことでしょう。 

また日程的にも国体の野球が行われるのは4日間しかありません。 

雨が続いたりすると延期ではなく、打ち切りになってしまうこともあり、これだと選手もやる気が出ないのかもしれませんね。 

それでも、出場するチームも選手も頑張って試合はしていますし迫力のある試合が展開されています。 

国体を観に行くというのも楽しいと思いますけどね。 

甲子園より穴場ということもあり、応援のしがいもあると思います。 

そんな国体の歴代優勝校を一覧でご紹介しておきましょう。 

大会回数  西暦  優勝校  都道府県 
1  1946  浪華商  大阪 
2  1947  岐阜商  岐阜 
3  1948  西京商  京都 
4  1949  静岡城内  静岡 
5  1950  瑞陵  愛知 
6  1951  広島観音  広島 
7  1952  盛岡商  岩手 
8  1953  中京商  愛知 
9  1954  高知商  高知 
10  1955  四日市  三重 
11  1956  中京商  愛知 
12  1957  坂出商  香川 
13  1958  作新学院・高松商  栃木・香川 
14  1959  日大二  東京 
15  1960  北海  北海道 
16  1961  中京商  愛知 
17  1962  西条  愛媛 
18  1963  下関商  山口 
19  1964  博多工  福岡 
20  1965  銚子商  千葉 
21  1966  松山商  愛媛 
22  1967  大宮  埼玉 
23  1968  若狭  福井 
24  1969  静岡商  静岡 
25  1970  PL学園  大阪 
26  1971  岡山東商  岡山 
27  1972  明星  大阪 
28  1973  銚子商  千葉 
29  1974  土浦日大  茨城 
30  1975  習志野  千葉 
31  1976  PL学園  大阪 
32  1977  早稲田実  東京 
33  1978  報徳学園  兵庫 
34  1979  簑島・都城・浪商・浜田・  和歌山・宮城・大阪・島根 
35  1980  横浜  神奈川 
36  1981  今治西  愛媛 
37  1982  広島商  広島 
38  1983  中京  愛知 
39  1984  取手二  茨城 
40  1985  高知商  高知 
41  1986  鹿児島商  鹿児島 
42  1987  帝京  東京 
43  1988  沖縄水産  沖縄 
44  1989  上宮  大阪 
45  1990  鹿児島実  鹿児島S 
46  1991  松商学園  長野 
47  1992  星陵  石川 
48  1993  修徳  東京 
49  1994  北海  北海道 
50  1995  PL学園  大阪 
51  1996  PL学園  大阪 
52  1997  徳島商  徳島 
53  1998  横浜  神奈川 
54  1999  智弁和歌山  和歌山 
55  2000  横浜  神奈川 
56  2001  横浜  神奈川 
57  2002  川之江  愛媛 
58  2003  光星学院  青森 
59  2004  横浜  神奈川 
60  2005  駒大苫小牧  北海道 
61  2006  早稲田実  東京 
62  2007  今治西  愛媛 
63  2008  優勝なし  雨天・大会打ち切り 
64  2009  県岐阜商  岐阜 
65  2010  優勝なし  雨天・大会打ち切り 
66  2011  日大三  東京 
67  2012  大阪桐蔭・仙台育英  大阪・宮城 
68  2013  大阪桐蔭  大阪 
69  2014  明徳義塾  高知 
70  2015  東海大相模  神奈川 
71  2016  履正社  大阪 
72  2017  広陵  広島 
73  2018  近江・浦和学園・金足農・大阪桐蔭  滋賀・埼玉・秋田・大阪 
74  2019  関東一  東京 

やはり強豪校と言われる高校は優勝してますよね。 

まとめ 

国体の高校野球についてご紹介しました。 

いまいち、甲子園とは違い盛り上がってはいませんが

せっかくの大会ですし盛り上げて欲しいですよね。

高校野球という事に違いはありませんし、是非現地で応援してみたいものです!

-高校野球

Copyright© 89 LOVE IT !! , 2020 All Rights Reserved.