プロ野球!高校野球!野球大好き!野球情報ブログ!

89 LOVE IT !!

高校野球

夏の甲子園2019!福岡大会の日程と組み合わせ抽選結果&優勝候補予想も

投稿日:

夏の甲子園2019が近づいています。

甲子園は8月からですが、7月から各地区で予選が行われる予定です。

どのチームが勝ち上がっていくんでしょうか?

今回は夏の甲子園2019福岡大会の日程についてまとめました。

合わせて強豪校と優勝候補を予想!

結果がどうなるのか?楽しみですね。

 

夏の甲子園2019福岡大会の日程

福岡大会の組み合わせ抽選会は6月21日(金)に行われます。

2019年夏の福岡大会は7月6日(土)に開幕

開会式は北九州市民球場で行われます。

決勝戦は7月28日(日)久留米を予定しています。

今からドキドキしているチームも多いかもしれませんね。

 

福岡県大会は、北九州、筑豊地方の高校からなる「北部」と

福岡、筑後地方からなる「南部」に別れています。

それぞれの地区から、毎年ドラフト上位指名される選手を多く算出しています。

しかし、有力な選手が各高校に点在しているため、ココが一番!という突出した強豪校というのはないのかな?という印象です。

だからこそ、どこの高校にも甲子園出場のチャンスがあると言えるでしょう。

 

福岡大会の優勝候補を予想

夏の甲子園経験2回の小倉高校、県内プロ入り最多排出の柳川高校などの名門校から、近年頭角を現してきた九州国際大附属高校まで、色々あります。

以下では福岡県各地の強豪校野球部をチョイスし、調査してみました。

 

九州国際大学付属高校

野球以外でもスポーツの強豪校として知られ、多くのトップアスリートを世に送り出しています。

1979年に甲子園初出場、1982年にも全国大会に出場していますが、それ以来長い間甲子園に出場していませんでした。

その後、2009年に出場、2011年には春の選抜大会で準優勝を果たしています。

九州国際大学付属高校の復活の裏には2006年~2014年までチームの指揮を執った若生監督の活躍も見逃せません。

ダルビッシュ有選手を育てたっていう事ですからね

 

自由が丘高等学校

オフシーズンのトレーニングに非常に力を入れていて、トライアスロンやオフ明けまでに30万スイングなど、体力と筋力を限界まで高める事を目標に掲げています。

聞いただけでも大変そうな環境ですけどね・・

野球部専用グラウンドや九州共立大学のトレーニング施設も使用出来るっていう環境も良いんでしょう。

 

福岡工業大学付属城東高等学校

1992年の春の選抜大会で初めて王支援を経験し、1997年に福岡大会を制し、夏の甲子園の切符を手にしました。

2004年の春の選抜大会ではベスト8まで勝ち進んでいますね。

杉山監督は常日頃から人間性やスポーツに対する姿勢を大切にしているということです。

精神面の鍛錬に力を入れているという事で、プロの道に進んだ選手が非常に多く、その数は県内で二番目です。

野球だけで無く、柔道の強豪校として広く知られ、谷亮子さんの出身高校ですね。

 

柳川高等学校

確かな実力をもつ南部の強豪校が柳川高等学校です。

県内最多のプロ入り数を誇り、2011年まで阪神タイガースの監督を務めていた真弓選手が有名ですね。

 

小倉高等学校

1908年と創立の古い歴史を持つ学校です。

1947年に春の選抜に初出場し、準優勝。

同年夏には甲子園初優勝も果たしています。

また1948年にも夏の甲子園を制し、大会二連覇という偉業を成し遂げています。

その後も、頻繁に甲子園に出場し、2017年までに春夏通算出場回数は15回。

伝統がありますよね

 

西日本短期大学付属高等学校

県内外から有望な選手を獲得し、寮付きでナイター設備のある専用グランドを持つ程、野球部に力を入れています。

南部きっての強豪校といえるでしょう。

1992年には全国制覇を達成しています。

2004年、2010年にも甲子園に出場していますね。

OBで有名なのはメジャーリーグでも活躍した新庄剛志選手です。

 

今年の春季大会では西日本短大府が優勝しています。

準優勝が真颯館ですね。

他にも福岡大大濠、筑陽学園なども強いです。

おわりに

どのチームが優勝するかは分かりませんが、どのチームにも頑張って悔いの無い試合をして欲しいですね。

選手みんなに大きな応援をおくりたいです!

-高校野球
-,

Copyright© 89 LOVE IT !! , 2019 All Rights Reserved.